最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

ソイプロテインについて

プロテイン(タンパク質)は筋トレをしている男性が飲むものというイメージがあるかもしれません。

実際に、植物性のソイプロテインを摂取すると、髪や肌に良く、代謝を改善に期待できます。

トレーニングしている男性だけでなく、運動していない方や女性にも多くのメリットがあります。

では早速、ソイプロテインの特徴を見ていきましょう。

ソイプロテインとは?

ソイプロテインとは植物性のソイ(Soy)、大豆が原料であるプロテイン(大豆タンパク質)のことです。

大豆には油脂やタンパク質が約35%含まれており、
植物由来の大豆タンパク質がメインです。

ソイプロテイン(大豆タンパク質)には動物性タンパク質と同じレベルの栄養価値があります。

ソイプロテインは、大豆から油脂を絞った後、タンパク質を取り出して作られます。

ソイプロテインはアミノ酸結合が多く、数十個結合したペプチドまで分解されている場合があります。

これを「大豆ペプチド」と呼び、多くの生理作用に関する研究が進んでいます。

植物性タンパク質と動物性タンパク質は何が違うの?

動物性タンパク質は肉・魚・卵・牛乳・乳製品などに多く含まれています。

ホエイプロテインやカゼインプロテインは牛乳から作られる乳由来のタンパク質です。

アミノ酸スコアが良く、体内での利用効率が90%以上あり、タンパク質を体内に効率よく取り込むことができます。

ただし、動物性タンパク質には、飽和脂肪酸やコレステロールなども含まれています。

そのため、食べ方によっては過剰に摂取すると、生活習慣病を引き起こす原因となります。

その一方で、植物性タンパク質は豆類、穀類、野菜、果物に含まれるため、低カロリー・ヘルシーです。

大豆タンパク質は飽和脂肪酸含有量が低く、コレステロールを含まないため、生活習慣病対策になります。

大豆の植物性タンパク質は、アミノ酸スコアと利用効率は動物性タンパク質よりも低めです。

カロリーが気になる女性には、植物由来の大豆タンパク質100%使用した大豆プロテインが向いています。

ソイプロテインを摂取するタイミングは?

大豆を原料としたソイプロテインはいつでも好きな時に摂取することができます。

ソイプロテインは分岐鎖アミノ酸(BCAA)が含まれており、筋力維持や筋損傷抑制に期待できます。

トレーニング前の食事や運動後、就寝前のタンパク質補給に最適です。

ソイプロテインは、重要なエネルギー源であるブドウ糖の筋肉への取り込みを促進してくれます。

脂肪成分が少ないので、トレーニングしない日や就寝前にも安心して摂取して大丈夫です。

従来のソイプロテインは水に溶けにく商品が多く、味やニオイにクセがあるものが多かったです。

しかし、最近のソイプロテインは水に簡単に溶けて
飲みやすくなっています。

まとめ

肉や魚などから動物性タンパク質を摂取するほか、
大豆製品からも大豆タンパク質を摂取しましょう。

ソイプロテインはアミノ酸やビタミンも一緒に摂取できる商品もあるので上手に活用したいですね。

成分表を確認してから、お好きなフレーバーを見つけて継続していきましょう。

« »