最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

WPCプロテインとWPIの違い

WPCプロテインとWPIプロテインの違いは何だろう…と迷っていませんか?

どちらか一つを飲んでいたけれど、味に飽きてしまう方も多いでしょう。

WPCとWPIは飲むタイミングによって使い分けると
飽きずに継続することができます。

では早速、WPCプロテインとWPIプロテインの違いについて見ていきましょう。

WPCプロテインとは?

WPC(Whey Protein Concentrate)プロテインとは
「濃縮乳清タンパク質」のホエイプロテインです。

WPC(ホエイプロテイン・コンセントレート)はタンパク質含有量70~80%以下です。

自然なホエイ(乳清)のタンパク質が含まれており
他には脂質、炭水化物なども含まれています。

WPCプロテインのタンパク質純度はWPIプロテインよりも比較的低めです。

WPCプロテインは体への吸収力は良いですが、WPIよりもスピードが遅いです。

ビタミンやミネラルの含有量が多いため、タンパク質の他にも栄養素を摂取したい方に向いています。

WPCプロテインはリーズナブルな料金設定となっており、初めてプロテインを飲む方にもおすすめ。

ラクトース(乳糖)の含有量が高く、カロリーが比較的高いので、過剰摂取には注意が必要です。

牛乳を飲むと下痢してしまう乳糖不耐性の方には適していませんので、WPIプロテインがよいですね。

WPIプロテインとは?

WPI(Whey Protein Isolate)プロテインは「分離乳清タンパク質」のホエイプロテインです。

WPIプロテイン(ホエイプロテインアイソレート)のタンパク質含有量は85~90%以上と高めです。

タンパク質の純度が高く、脂質、炭水化物などの含有量が少ないのが嬉しいポイント。

WPIプロテインはWPCプロテインよりも純度の高いタンパク質を含有してます。

商品によってビタミンやミネラルの含有量は変わりますが、カロリーは比較的低く抑えられています。

WPIプロテインはWPCプロテインよりも体への吸収が早く効率よく摂取できます。

処理コストがかかるため、価格は高めに設定されてるのがデメリットといえます。

WPIプロテインにはラクトース(乳糖)がほとんど含有されていません。

そのため、乳製品でお腹が緩くなる方も摂取することができます。

WPCプロテインとWPIプロテインを摂取するタイミング

WPCプロテインとWPIプロテインはどちらも医薬品ではありません。

飲むタイミングは決められていませんので、いつでも好きなときに摂取することができます。

就寝中は栄養補給ができず、起床時の体内アミノ酸は不足し、筋肉の分解が進んでしまいます。

起きてすぐの朝食の時に、WPCプロテインまたはWPIプロテインを摂り、十分なタンパク質を補給すると良いでしょう。

血中アミノ酸レベルを持続的に高く保つことができるのです。

どちらもアミノ酸のシステインを多く含みグルタチオンというタンパク質を体内で増やします。

加齢により過剰な発生した活性酸素を除去したり、重金属を排出したり、過酸化物を除去するのです。

昼食と夕食の間に食間としてプロテインを摂取する場合はWPCプロテインをおすすめします。

まとめ

今回は、WPCプロテインとWPIプロテインの違いについてご紹介しました。

プロテインは状況や目的に応じてWPCとWPIを使い分け、健康維持に役立てましょう。

« »