最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

EAAについて

最近、トレーニングをしている人たちの間で「EAA」を摂取しているとよく聞きます。

「EAA」はどんなもので「BCAA」とは何が違うのでしょうか?早速見ていきましょう。

EAAとは?

EAA(EEssential Amino Acid)とは、必須アミノ酸9種類を配合したサプリメントのことをいいます。

EEssential Amino Acidとは「必須アミノ酸」の意味があり、「EAAサプリメント」はアミノ酸を補給できるサプリメントです。

アミノ酸は筋肉を合成するタンパク質の材料となり
筋肉を増やしたい方に最適な栄養素です。

アミノ酸には全部で9種類ある必須アミノ酸と全11種類の非必須アミノ酸があります。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸を合わせた合計20種がタンパク質を合成して筋肉を作るのです。

必須アミノ酸は体内で作り出すことができないため、食事やサプリメントを通して摂取する必要があります。

必須アミノ酸は一つでも欠けるとタンパク質は作られないため、積極的に摂ることが大切です。

一方で、非必須アミノ酸は体外から摂取しなくても体内で合成されます。

必須アミノ酸(EAA)とは?

バリン、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、リジン(リシン)、フェニルアラニン、トリプトファン、スレオニン(トレオニン)、ヒスチジン

非必須アミノ酸とは?

アルギニン、グリシン、アラニン、セリン、チロシン、システイン、アスパラギン、グルタミン、プロリン、アスパラギン酸、グルタミン酸

EAAとBCAAの違いは?

BCAAもEAAと同様にアミノ酸を摂取するためのサプリメントです。

BCAAには、必須アミノ酸のうち異なる構造を持つバリン、ロイシン、イソロイシンを配合しています。

BCAAは筋肉の合成促進や筋肉の分解を抑制する働きがあるため、疲労感の軽減に役立つと言われています。

筋疲労を軽減させながら効率よくトレーニングしたい方に向いています。

一方で、EAAは20種類のアミノ酸の内、体内では合成することができない必須アミノ酸9種類を配合したものです。

EAAが筋たんぱく合成する作用はBCAAよりも優れていると言われています。

EAA摂取して高強度のトレーニングをすると筋肥大が狙えるでしょう。

EAAの注意点としては、一度に大量に摂取すると浸透圧性の下痢を引き起す可能性があります。

一度に多く飲まずに、トレーニング中に少しずつ飲むようにしてください。

BCAAとEAAは、どちらも目的やご自身の体調、消化吸収能力に合わせて選びましょう。

まとめ

タンパク質の合成には20種類のアミノ酸すべてが必要です。

BCAAとEAAを上手に併用して、定期的にアミノ酸を摂取していきましょう。

« »