最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

EAAとBCAAの違い

筋トレや体を引き締めるために、男女ともトレーニングされている方が増えてきています。

アミノ酸を定期的に摂取するために「EAA」や「BCAA」のサプリメントが気になる方は多いでしょう。

どちらも筋肉の材料となる必須アミノ酸のことで、
筋肉の合成を活性化させる働きが期待できます。

今回は、「EAA」と「BCAA」の違いと特徴を解説していきましょう。

EAAとは?

EAA(Essential Amino Acid)とは、以下の9種類すべての必須アミノ酸のことをいいます。

EAAに含まれるアミノ酸は以下の通りです。

・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・メチオニン
・リシン(リジン)
・フェニルアラニン
・トリプトファン
・トレオニン(スレオニン)
・ヒスチジン

必須アミノ酸は体内で作りだすことができない栄養素のため、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

上記9種類の必須アミノ酸と非必須アミノ酸に含まれる栄養素によってたんぱく質が作られます。

EAAを摂取してたんぱく質が作られると、効率よく筋肉を作ることができるというわけです。

EAAサプリメントは、トレーニングするタイミングに合わせて摂取すると、筋肥大効果に期待できるでしょう。

必須アミノ酸の一つであるトリプトファンはリラッス作用や集中力が低下する働きがあります。

そのため、トリプトファンはEAAサプリに配合されていない場合が多いです

BCAAとは?

BCAA(Branched Chain Amino Acids)とは「分岐鎖アミノ酸」です。

EAAに含まれるバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類のアミノ酸を指しています。

BCAAに含まれるアミノ酸は以下の通りです。

・バリン
・ロイシン
・イソロイシン

BCAAとは9類の必須アミノ酸のうち、3種類のアミノ酸のことを指しているので、BCAAはEAAの中に含まれています。

つまり、EAAサプリメントを摂取すればBCAAを摂ることは可能です。

BCAAを摂取するメリットは、筋トレ中に壊れた筋組織を修復して、筋肉の生成を促進することです。

タンパク合成の高まりは限界があるので、必要に応じて使い分けると良いでしょう。

集中力と血中のBCAA濃度は関係があると言われており、BCAAの摂取は精神的疲労感を軽減できます。

まとめ

筋肉をはじめとするタンパク質の合成には合計20種類のアミノ酸が必要です。

食事と体内で合成される11種類のアミノ酸も意識してサプリを選ぶことが大切です。

BCAAとEAAのサプリは、目的や体調、消化吸収能力も考慮して、自分にあったものを取り入れましょう。

« »