最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

ベンチプレスの基礎知識

筋トレメニューの中でも、上半身をトータルで鍛えられるのがベンチプレスです。

大胸筋、三角筋、上腕三頭筋を中心に上半身を鍛えたい方におすすめのトレーニングです。

今回は、ベンチプレスの基礎知識について見ていきましょう。

ベンチプレスの基礎知識

ベンチプレスは公式競技がある人気種目です。

スポーツジムで本格的に体を鍛える方がはじめに行うバーベル筋トレとしても知られています。

初心者の方がベンチプレスをする際は100kg挙上を目標にします。

公式競技のベンチプレスでは、以下の3つを意識して行うとされています。

①バーは胸につけて静止させる
②お尻は浮かせない
③肘は完全に伸びるまで挙げる

ベンチプレスの平均重量は?

世界では、ベンチプレスの最大重量を目指して数々の記録が打ち破られています。

ベンチプレスの世界記録は、2013年にポールタイニーミーカーさんの記録した500kgです。

人間の骨では不可能と言われた500kg台を長い年月をかけて達成したのです。

ベンチプレストレーニングの平均重量は日本の成人男性の場合は45kg前後、女性は20kgです。

ベンチプレストレーニングでは、自分の体重分を持ち上げられるかどうかが一つの基準となります。

日本男性の60%は自分の体重を持ち上げられないと言われています。

ベンチプレストレーニングを行い、まずは自重の2倍を目標に取り組みましょう。

ベンチプレスで鍛えられる筋肉

ベンチプレスで鍛えられる筋肉は大胸筋、肩の筋肉、腕の筋肉です。

特に大胸筋は高重量の負荷をかけられるため、厚い胸板を鍛える最適なトレーニングです。

ベンチプレスをすることで大胸筋が鍛えられると、
シンプルな服でも劇的に変わります。

ベンチプレスは三角筋の前部を刺激して肩の筋肉を鍛えて、逆三角形の身体へ導いてくれます。

盛り上がった肩の筋肉はガッチリしたシルエットになり、ボディラインがキレイに見えます。

大胸筋と三角筋が発達していると一段と男らしくなるので、積極的に鍛えていきましょう。

ベンチプレスは上腕三頭筋と前腕筋も刺激して、男らしい腕を作り上げられるのもメリットです。

筋トレの初心者は、バーベルの重量を少し軽めにして無理なく継続しましょう。

まとめ

ベンチプレスは、一度のトレーニングで上半身の大胸筋、肩の筋肉、腕の筋肉をまとめて鍛えられるのが嬉しいポイントです。

効率よく筋肥大効果に期待できるので、積極的にきんとれメニューに取り組むことをおすすめします。

筋トレ初心者でも比較的取り組みやすいので、正しいフォームを身に付けて取り組んでみてください。

« »