最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

スクワットの基礎まとめ!使い方やその種類など

「スクワットってこれでやり方合ってる?」「ちゃんとした方法が知りたい!」
という方の為に様々なスクワットの種類やそのやり方を解説しました!

このページを見ればスクワットの基礎知識は完璧に抑えられます。

ジムは勿論自宅でもできるスクワット、しっかり知識を入れてから鍛えていきましょう。

スクワットは種類がかなり豊富!

まずはスクワットの種類から解説していきます。

スクワットと一言に行ってもかなり種類が豊富にあって、すべて合わせると10種類以上とも言われています。

・スクワット:通常のスクワット
・ヒンズースクワット:腕を前後に振りながら行う
・ハックスクワット:斜めを向いたまま行う
・シングルスクワット:片足で行う
・ブルガリアンスクワット:片足をベンチなどに乗せて行う
・シシースクワット:体を後傾させて行う

主なものだけでもこれだけあります。

さらにこのスクワットをフルボトム(完全にしゃがんだ状態)で行うのかハーフで行うのかなどでも細分化されます。

初心者はこのスクワットから

初心者はまずは通常のスクワットをダンベルやバーベルを持って行うのが一般的です。

ベーシックですがそれだけデータなども出回っているのですぐに調べられます。

ダンベルなどを持っていない人はブルガリアンスクワットがオススメです。

これであれば家の中であっても結構きついトレーニングになるはずです。

物足りなくなってきたらカバンの中に本やペットボトルを入れて負荷をかけていきましょう。

スクワットの基本的なフォーム

ここでは通常のスクワットのフォームについて解説していきます。

バーベルでもダンベルでも共通して言えることは膝を決して前に出さないことです。

膝を前に出さないコツはお尻を思いっきり後ろに突き出すことです。

ちょっと恥ずかしくなるくらいグッと突き出すと膝が後ろに下がるのでフォームが安定してきますよ。

そしてその状態を保ったままお尻や太ももに力が入っているのを確認しながらゆっくり上下してみましょう。

膝が痛くなったりしていなければ問題ないので少しずつ重さを増やしていってください。

スクワットの基礎まとめ

ここまでスクワットについて色々解説してきましたがどうだったでしょうか。

スクワットの種類は10種類以上
初心者は普通のスクワットで十分
お尻を突き出すようなフォームで行う

これまでのことをまとめるとこんな感じになります。

スクワットはトレーニングの王様と言われるくらい大事な筋トレです。

きついですがやればやっただけの見返りはあるのでしっかり覚えてガンガンバーベル担いでいきましょう!

« »