最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

バーベルカールとは

バーベルカールは腕を鍛えるトレーニングです。当記事ではバーベルカールの効果や方法、そして混同されがちなダンベルカールとの違いを解説していきます。

バーベルカールの効果

バーベルカールは、上肢を鍛えることができます。力こぶを作りたいという人や腕を細くしたいという人におすすめのトレーニングです。

また、腕を鍛えることで他のトレーニングをしやすくなります。たとえば胸周りを鍛えたいと思ったとき、腕に力がないと強い負荷がかかってしまうので、効率的なトレーニングが難しくなってしまうでしょう。

バーベルカールとダンベルカールの違い

混同されがちなバーベルカールとダンベルカールですが、使用する道具が異なります。

バーベルカールは左右の重りが一本で繋がったものを、ダンベルカールは左右の重りがそれぞれ独立したものを使用します。

トレーニング効果の違いは次のようなものがあります

● バーベルカールは左右の腕を均等に鍛えることができる
● バーベルカールは両腕を使うため、高重量にチャレンジしやすい
● ダンベルカールは可動域を広くとることができるため、トレーニングに工夫ができる

どちらがよくて、どちらが悪いということはありません。自分にあった方を選択しましょう。両方を取り入れれば、より腕を鍛えることができます。

バーベルカールのやり方

バーベルカールは道具さえあれば、自宅でもおこなうことが可能です。フォームが大切になってくるので、正しいフォームを意識しておこないましょう。

バーベルカールの手順

バーベルカールは次の流れでおこないます。

1. 脚を肩幅に広げて立ち、背筋を伸ばして前を見る
2. 腕を肩幅に広げて、バーベルを逆手で持つ
3. 脇を締め、バーベルを胸に引寄せるように持ち上げる
4. ゆっくりとバーベルを下ろす
5. 3と4を繰り返す

1セットを10回とし、3セットほど繰り返しましょう。

バーベルカールのポイント

バーベルを持ち上げるときは、手首を内側に巻かないようにします。手首を巻いてしまうと、手首を痛めてしまう恐れがあるためです。

また、バーベルを下ろすときには、腕の力を使って下ろすようにしましょう。バーベルの重量に任せず、腕に負荷がかかっていることを意識して、ゆっくりと下ろします。

1セットを押せたら、1分程度のインターバルを挟むとよいでしょう。バーベルカールがきついと感じる場合は、まずはダンベルカールから始めるのも手段のひとつです。無理をしすぎないようにしてください。

まとめ

バーベルカールは腕を効率的に鍛えられるトレーニングです。正しいフォームを意識しておこない、自分の理想の腕をつくりあげましょう。

« »