最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

インクラインダンベルカールとは

インクラインダンベルカールは、腕を鍛えるトレーニングです。当記事では、インクラインダンベルカールの効果や方法、そして通常のダンベルカールとの違いを解説していきます。

インクラインダンベルカールの効果

インクラインダンベルカールをすることで、上肢を鍛えることができます。腕を鍛えるトレーニングの中でも特に効率的なトレーニングと言われており、腕を鍛えたい人にはぴったりのトレーニングと言えるでしょう。

インクラインダンベルカールと
通常のダンベルカールの違いとは?

インクラインダンベルカールは、インクラインベンチに座り、30~45度ほど上半身を傾けてダンベルカールをおこないます。

インクラインダンベルカールでは体を斜めに倒した状態でトレーニングをするため、腕をまっすぐ下ろした状態をホームポジションとする通常のダンベルカールよりも可動域が広くなります。

また、通常のダンベルカールでは、意識しないと腕以外の力を使ってしまうことがあります。しかし、インクラインダンベルカールは自然と腕の力に集中できるようになります。そのため、腕を鍛えるには効率的のよいトレーニングと言えるでしょう。

インクラインダンベルカールのやり方

インクラインダンベルカールでは、インクラインベンチを使用します。手順は次のとおりです。

1. ベンチの角度を調整する
2. ベンチの背もたれに背中が密着するように座る
3. 両手にダンベルを持つ
4. ダンベルを持ち上げる
5. ゆっくりとダンベルを下ろす
6. 4と5を繰り返す

10回程度を1セットとして、3セットおこないます。

ベンチの角度は、45度を基準として30~60度に調整しましょう。背もたれを下げれば下げるほど、負荷が強くかかります。

また、腕を上げるときにひねりを加えることで、さらに腕を刺激することができます。手のひら側が天井を向くようにひねった状態で、ダンベルを上げ下げしましょう。

ダンベルを持ち上げたら、1~2秒から静止することで、よりトレーニングの質を高めることができます。腕を下ろすときにはダンベルの重さに任せず、腕の力を使ってゆっくりと下ろしましょう。腕がストレッチされているのを感じる位置まで下ろすようにします。

まとめ

インクラインダンベルカールをおこなうことで、腕を効率的に鍛えることができます。より質の高いトレーニングをするためには、しかりと正しいフォームでおこなうことが大切です。当記事で解説したフォームを意識しながら、丁寧にトレーニングをしましょう。

« »