最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

スカルクラッシャーとは

スカルクラッシャーは腕を鍛えるトレーニングです。当記事では、スカルクラッシャーについて解説していきます。

スカルクラッシャーとはどんなトレーニング?

スカルクラッシャーは主に腕を鍛えるトレーニングです。

スカル(額)をクラッシャー(壊す)という名は、その動作から来ています。スカルクラッシャーでは、バーベルを額に向けて下ろしていきます。そのため、手を滑らせてしまったり、重量に耐えられなくなったりすると、頭にバーベルを落としてしまうというリスクがあります。

このような特徴から、スカルクラッシャーはある程度トレーニングの経験を積んだ、上級者向けのトレーニングと言ってもよいでしょう。

スカルクラッシャーのやり方

スカルクラッシャーではベンチとバーベルを使用します。バーベルではなく、EZバーを使う人も多いです。

スカルクラッシャーの手順

スカルクラッシャーの手順は、次のとおりです。

1. ベンチに仰向けになる
2. 腕を肩幅に開き、バーベルを握る
3. 腕をまっすぐ天井に向けて伸ばし、バーベルを持ち上げる
4. 息を吸いながら、上腕を固定した状態で肘を曲げ、バーベルを額に向けて下ろす
5. 息を吐きながら、3の状態のぎりぎり手前まで戻す
6. 4~5を繰り返す

1セットを10回として、3セット繰り返しましょう。

スカルクラッシャーのポイント

スカルクラッシャーをおこなう際には、次のポイントに注意しましょう。

腕を伸ばしきらない

バーベルを上げるときに、腕をまっすぐ伸ばしきらないようにしましょう。腕を伸ばしきってしまうと、負荷が逃げてしまうからです。

腕の力でバーベルを動かす

バーベルを動かすときには、腕の力を使うようにします。バーベルの重量に頼ったり、反動に任せてはいけません。負荷が低減したり、けがをしてしまう恐れがあります。」

肘を動かさない

スカルクラッシャーでは、上腕を固定しておこなうようにしましょう。バーベルは額の上でほぼ垂直に上下させるイメージで動かすようにします。

スカルクラッシャーと
ライイングトライセプスエクステンションの違いとは?

スカルクラッシャーと混同されがちなライイングトライセプスエクステンションですが、厳密にいうと異なるトレーニングです。

フォームの違い

スカルクラッシャーがバーベルを額に向かって下ろすのに対して、ライイングトライセプスエクステンションでは頭上に向かって下ろしていきます。

そのため、スカルクラッシャーでは上腕を固定させていましたが、ライイングトライセプスエクステンションでは上腕ごと動かすようになります。

鍛えられる部位の違い

スカルクラッシャーでは二の腕部分、ライイングトライセプスエクステンションでは力こぶにあたる部分を鍛えることができます。

似ている動きですが、効果が少々異なってくるのです。

まとめ

スカルクラッシャーはある程度経験を積んだ人向けのトレーニングですが、腕を効率的に鍛えられるトレーニングです。腕の力に自信がでてきた人は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。正しいフォームでおこない、安全にトレーニングしてください。

«