最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

「初心者向けプロテインの正しい選び方 3つのポイントを使えば迷うことなし!」

(1)正しいプロテイン選びの3つポイントとは?
 プロテインには、さまざまな種類があります。はじめて購入する方にとって、どんなプロテインを選んだらいいのか、サッパリ分かりませんよね。そこで、スムーズに購入するために必要なのは、自分がどのようなプロテインがほしいのかをハッキリさせておくことです。以下でご紹介する「プロテイン選びの3つのポイント」を使って、欲しいプロテインを選んでいきましょう。

(2)ポイント①:プロテインは大きく分けて3種類!用途に合わせて選ぶ
プロテインの種類は大きく分けて3種類に別れます。それぞれ、どのような特徴があるのか、どんな人に向いているのかをご紹介していきます。

・ホエイプロテイン
原料:ホエイプロテインは、牛乳が原料です。牛乳の中に含まれているホエイ(乳清)という、タンパク質を原料としています。
メリット消化吸収速度が早くトレーニング直後の栄養補給に適しています。動物性のタンパク質なので吸収率も高くアミノ酸が豊富で筋肉を回復させるために役立つ面もあります。
デメリット価格が高めに設定されています。製法の違いによって価格帯が高くなる。乳糖不耐症の方はお腹を下してしまう可能性もあることも。
こんな人にオススメ激しいトレーニングを習慣にしている、トレーニングの効率をアップさせたい方に向いています。

ソイプロテイン


原料ソイプロテインは、大豆に含まれるタンパク質が原料です。ホエイプロテインとは違い、植物性のタンパク質なのが特徴。
メリット消化吸収の速度がゆっくりのため、満腹感を持続させやすいメリットがあります。また、タンパク質補給と同時に、大豆に含まれるイソフラボンの効果も期待できる面も。イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きがあり、美肌効果、抗酸化作用、骨を強くする働きなどがあります。
デメリット:商品によっては、大豆の独特な風味がする場合もあります。最近のソイプロテインは品質が改良され、飲みやすくなっているものも多い。
こんな人にオススメ:ダイエット中の人や、女性、健康面を重視している人に向いています。

・カゼインプロテイン
原料カゼインプロテインは、牛乳が原料です。ホエイプロテインと似ていますが、タンパク質の種類が違います。ホエイプロテインは「ホエイ(乳清)」を使用。カゼインプロテインは牛乳から取れる「カゼイン」というタンパク質を使用しています。
メリット:吸収速度がゆっくりなのが特徴。就寝中のタンパク質補給に適しています。
デメリット:水に溶けにくく、飲みづらさがあります。体質によっては、お腹が張る、腹痛などが起きることも。
こんな人にオススメ:就寝中もタンパク質を補給したい人、長時間タンパク質を吸収させて、筋力アップを目指したい人に向いています。

(3)ポイント②:好みのフレーバーを選ぶ


3種類のプロテインの中から、どのプロテインを購入するか決まりましたか?では、次のステップは、フレーバー選びです。プロテインのフレーバーは、メーカーによってさまざま種類があります。

プロテインをはじめて購入する方にとっては、本当に美味しいの?と、不安になりますよね。何種類もある中から、1つだけ選ぶなんてドキドキ。そこで、プロテイン初心者の方でも、飲みやすいフレーバーたちをご紹介!プロテインデビューをするなら、ハズレのないフレーバーから選びましょう。

・ココアやチョコレート味
プロテインのフレーバーの中で王道といえば、ココアチョコレート味。チョコレート系の味わいがお好きな方には、すんなりとプロテインデビューができるはずです。チョコレートの香りや甘さのある味付けが、プロテインの独特な風味をかき消してくれます。飲みやすさでいえば、ココアやチョコレート味ならハズレはないでしょう。

・ストロベリー味
次にオススメしたいのがストロベリー味です。ストロベリー味といっても、名前のとおりに酸味があるわけではなく、プロテインと組み合わせるとイチゴミルクのような優しい味わいになります。優しい味わいのストロベリー味は、誰にでも受け入れられやすいフレーバーとしても有名プロテイン初心者の方でも安心して飲めるはずですよ。

(4)ポイント③:日本製か海外製かを選ぶ
プロテインの種類、フレーバーの種類を選んだら、次は日本製海外製の2種類から選びましょう。日本製も信頼できそうだし、海外製のプロテインも良さそうに見える・・・。どちらを選んだらいいの?と、頭を悩ませますよね。そこで、海外製と日本製のメリット・デメリットをご紹介。2つの特徴をまとめて、分かりやすく比較していきましょう!

・日本製のプロテイン
メリット日本人の好みに合わせたフレーバーが多い。手が届きやすい価格で、スーパーなどの身近なところでも購入できる。日本で製造されているので安心感がある。
デメリット:タンパク質の含有量が少ないプロテインもある。プロテイン以外の添加物が多く含まれていることもある。

・海外製のプロテイン
メリット:日本で見かけないような種類豊富なフレーバーがある。甘めのプロテインが主流なので飲みやすさがある。全体的に見て、タンパク質の含有量が多めなプロテインが一般的
デメリット通販でないと購入できない。また、海外製のプロテインを購入する際に、送料が加算される場合もある。

上記のように日本製・海外製にはそれぞれメリットやデメリットがあります。信頼できて、利便性を求めるなら日本製のプロテイン。甘いプロテインが好きでタンパク質の含有量を重視したいなら、海外製のプロテインを選びましょう。

(5)プロテイン選びのまとめ
これからプロテインデビューをする人に向けて、初心者向けプロテインの正しい選び方についてご紹介してきました。ポイントとしては「①プロテインの種類を用途に合わせて選ぶ②好みのフレーバーを選ぶ③日本製か海外製かを選ぶ」の3つでした。
プロテインを飲み始める理由は人それぞれですが、プロテインの効果を出すには毎日継続して飲むことが大前提です。毎日継続して飲めるプロテインを選んで、タンパク質豊富な生活をしていきましょう!

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら