最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

(1)プロテインを飲むと下痢になる1番の原因とは?

プロテインを飲むと下痢をしてしまう、お腹が痛くなってしまう。という悩みを持った方も多いはずです。効率的なトレーニングをするためにプロテインを飲んでいるのに、下痢になってしまっては本末転倒。しかし、そもそもなぜ、プロテインを飲むと下痢をしてしまうのでしょうか?プロテインと下痢の関係性を調べてみると、1つの原因にたどり着きました。

1-1乳糖不耐症な可能性が大!

プロテインを飲んで下痢してしまう大きな原因としては「乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)」が考えられます。乳糖不耐症って、何か大きな病気なの?!いえ、そんなことはありません。乳糖不耐症とは一体どんな症状なのかを簡単に説明すると、牛乳に含まれている「乳糖(にゅうとう)」を消化吸収できない体質の人を指します。

乳糖は牛乳や乳製品に含まれている糖分のこと。乳糖を体内に入れると消化吸収できずに、下痢や腹痛とし症状が現れます。プロテインのほとんどは、牛乳を原料としたホエイから作られているので、下痢や腹痛の原因になる乳糖が含まれていることになります。

1-2.乳糖不耐症になる原因は遺伝的な要素が強い

世の中には、プロテインや牛乳を飲んでも、平気な人もいます。なぜ、平気な人と、そうでない人(乳糖不耐症)に分かれてしまうのでしょうか?乳糖不耐症になる考えられる原因としては、「ラクターゼ」という消化酵素にポイントがあります。生まれつきラクターゼを持っている人は、牛乳や乳製品を消化できます。つまり、プロテインや牛乳を飲んでも平気な人です。しかし、乳糖不耐症な人は、生まれつきラクターゼを持っていないので、下痢や腹痛になってしまうのです。
ラクターゼがないなら、作ればいい!と思いますよね。しかし、今から努力しても体内でラクターゼは作ることはできません。ラクターゼを持って生まれるかは、残念ながら、遺伝的な要素が大きく関係しているのです。

(2)その他で考えられる下痢をする原因

乳糖不耐症でなくても、その他の原因で下痢をしてしまうことも考えられます。そこで、乳糖不耐症以外で考えられる下痢をしてしまう原因と、対処法についてご紹介していきます。

2-1.単純に胃腸が弱い

プロテインを飲むと下痢してしまう、お腹が痛くなる理由。生まれつき胃腸が弱い体質というのも、関係してくるでしょう。単純に胃腸が弱くて下痢をしてしまうなら、対処法としては3つあります。それぞれの理由も見ていきましょう。

・プロテインの種類を変えてみる

プロテインの種類を変えてみる理由は、今飲んでいるプロテインが合っていない可能性もあるからです。ホエイプロテイン、ソイプロテイン、ガゼインプロテインなど、色々な種類のプロテインを試してみる。メーカーを変えてみるのもオススメです。

・普段の食事を見直すこと

普段の食事が乱れていて、胃腸が弱っている可能性も考えられます。胃腸が弱っている時にプロテインを飲んでも、しっかり吸収されないかもしれません。普段の食事を管理して、胃腸を健康にしていきましょう。具体的には、外食を減らして自炊をすることから始める。ジャンクフードばかりではなく、一汁三菜の定食型の食事にしてみる。消化の良い食材を選ぶのもポイントです。

・飲み方に気をつけること

プロテインを一気に飲み干していませんか?胃腸が弱い体質の人が、一度にプロテインを飲むと胃がビックリして、下痢をしてしまったり、腹痛の原因になることもあります。不調の原因を作らないためにも、プロテインの飲み方にも気をつけましょう。例えば、一気に飲むのではなく、ゆっくり噛むようにして飲む。液体でも噛むようにして飲めば、唾液に含まれる消化酵素も一緒に取り込めるので、消化促進に役立てます。

2-2. 冷たい水に溶かして飲んでいる

プロテインは冷たい水に溶かして飲むと溶けやすく、美味しさも増します。冷たい水は欠かせない!と、実践している人も多いのではないでしょうか?しかし、冷たい水で割ったプロテインを一気に飲むとどうなるでしょう。お腹が急に冷えて、下痢や腹痛になってしまう可能性も考えられます。冷えが不調の原因なら、対処法としては常温の水を使うこと。冷たい水の方が美味しいですが、ここは常温の水で我慢して飲むように心がけましょう。

(3)乳糖不耐症な人がホエイプロテインを飲むにはどうすればいいの?

乳糖不耐症の人が気をつけたいポイントは「乳糖」です。乳糖不耐症な人が下痢や腹痛が起こる仕組みは、文頭で説明したとおり。牛乳に含まれている乳糖が消化吸収できないことで起こります。

しかし、下痢や腹痛になる原因が分かったところで、1つ疑問が生まれます。乳糖不耐症の場合、乳糖が含まれているホエイプロテインを飲むことはできないの?ということです。ですが、実際にホエイプロテインを飲めないということはありません。ホエイプロテインの種類をしっかり選べば、変わらずにホエイプロテインを飲むことができます。

3-1.WPI(whey protein isorate)製法のプロテインを選べば問題なし!

乳糖不耐症な人が飲むべきなのはWPI製法」と呼ばれるホエイプロテインです。「whey protein isorate(ホエイプロテインアイソレート)」の頭文字をとってWPI。主にアイソレートタイプと呼ばれています。(以下、WPI)

ホエイプロテインは、製法の違いによって4種類のプロテインに分類されます。ホエイプロテインの種類とは次の4つ。

・WPC製法(ホエイプロテインコンセントレート)
・WPI製法(ホエイプロテインアイソレート)
・CFM製法(クロスフローマイクロフィルトレーション)
・WPH製法(ホエイペプチド)

上記4つのプロテインは、各それぞれ製造方法が違い、吸収率も異なるのが特徴です。なぜ、乳糖不耐症な人はWPI製法のプロテインを飲むべきなのかは、一番の欠点となる乳糖が含まれていないプロテインだから。WPI製法のプロテインは、牛乳に含まれるホエイを原料としていますが、ホエイの中に含まれている乳糖や脂質を取り出して作られています。つまり、WPI製法のプロテインは、乳糖不耐症な人でも安心して飲める唯一のプロテインです。

また、乳糖や脂質といった不純物を取り除いているので、通常のプロテインよりもタンパク質の割合が多いのが特徴。高タンパク質なプロテインということにもなります。

(4)プロテインの選び方・飲み方を変えれば下痢する心配もなし!

プロテインを飲むと下痢をしてしまう原因から、その他で考えられる下痢の原因と対処方法についてご紹介してきました。乳糖不耐症の人にとって一番の欠点は乳糖」です。そこで、乳糖不耐症の人でも安心して飲めるプロテインは、WPI製法のプロテイン」です。乳糖や脂質などの不純物を取り除いたプロテインなので、下痢をしてしまう心配はなし!プロテインの選び方を変えれば、問題なく飲み続けられますよ。

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら