最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

(1)プロテインを飲むだけでは太らない

プロテインを飲むとムキムキになる、身体にすぐ筋肉や脂肪が付いてしまう。「プロテインを飲む=太る」と、マイナスイメージを持った女性が多いですよね。
しかし、実際には、プロテインを飲むだけでは太りません

むしろプロテインは、女性のダイエットの強い味方になります。

そもそも、「太る」について考えてみましょう。
太る」は、「摂取カロリー>消費カロリー」という状態のことを指します。

例えば、基礎代謝が1300kcalで、生活消費カロリーが700kcalとしましょう。
ここで、消費カロリーの数値が導き出されます。
消費カロリーの計算は「基礎代謝+生活消費カロリー」。
消費カロリーの合計は2000kcalになります。

「摂取カロリー>消費カロリー」に合わせてみましょう。
消費カロリーは2000kaclなので、2000kcal以上食べてしまったら太る」ことになります。
逆に言えば、「摂取カロリー<消費カロリー」になれば、何を食べても太ることはない、ということになります。

つまり、摂取カロリーに気をつけてさえいれば、「プロテインを飲むだけで太る」ことは、ありえないのです。

(2)プロテインがダイエットに役立つ4つのメリット

上記では、プロテインを飲むだけでは太らない。むしろダイエットの味方になるよ!とお話しました。

具体的に、プロテインがどのようにダイエットに役立つのか?ダイエットに役立つ4つのメリットについて、解説していきます。

①タンパク質が簡単に摂取できる

タンパク質を摂取すること、ダイエットは重要な関係があります。身体は痩せるとともに脂肪も落ちますが、筋肉も同時に落ちてしまいますダイエットをする目的は脂肪を落とすことなので、筋肉をなるべく落とさないようするべきです。脂肪よりも筋肉が落ちてしまうと、リバウンドしやすい体質になり、体型も崩れやすくなるマイナス面が出てきます

そこで活躍するのが「タンパク質」。ダイエット中にタンパク質を多く摂取することで、筋肉が落ちるのを防いでくれますプロテインはタンパク質が粉末状になったもの。タンパク質を簡単に補える補助食品でもあるので、ダイエットに十分役立てられるでしょう。

②間食代わりに使える

ダイエット中は摂取カロリーが低くなり、お腹が空きやすくなります。お腹が空くと女性の場合、甘いものが食べたくなりますよね。チョコレートやクッキーが食べたい・・・。ですが、ダイエット中にチョコレートやクッキーは控えた方がよい食品です。血糖値が急上昇・急降下するので、空腹感が強くなる原因になります。

ダイエット中の間食にオススメなのが「プロテイン」。プロテインはタンパク質も補給できて、飲むだけでも満腹感があります。

また、プロテインには甘いフレーバーが付いているので、甘いものを食べたような疑似体験もできます。
水や牛乳で割ってそのまま飲むだけでも美味しいプロテインですが、その他にも美味しい食べ方があります。

オススメの食べ方を2つご紹介しましょう。

1つめは、ヨーグルトのトッピングにする。2つめは、パンケーキにする。無糖のヨーグルトにプロテインを合わせると、プロテインの甘さが付いて美味しいデザートに変化!パンケーキは、プロテイン・卵・ベーキングパウダーの3つの材料だけでパンケーキが作れます。プロテインはダイエット中の間食代わりにもなる、便利なアイテム。アレンジ次第では、ダイエット中でも安心して食べられるスイーツにもなりますよ!

③甘いものが食べたいと感じにくくなる

上記で例をあげたように、甘いものがついつい食べたくなる時がありますよね。「疲れには甘いものが良い」は、よく聞く話です。しかし、単に疲れているから甘いものが欲しくなるのでしょうか?甘いものが欲しくなる原因の1つとして、「セロトニン不足」も考えられます。このセロトニン不足を解決するのが、プロテインです。

まず、セロトニンについて簡単にご説明しましょう。

セロトニンは心の安定に役立つホルモンです。このセロトニンが減ってしまうと、鬱っぽくなる、不眠などの不調が出ると言われています

その不調の中に「甘いものが食べたくなる」症状も含まれてきます

なぜ、甘いものが食べたくなるのか?セロトニンと甘いものは、血糖値が関係しています。甘いものを食べると血糖値が急上昇し、身体の中では一時的にセロトニンが分泌されます。セロトニンが分泌されると「落ち着く気分・満足感」など、不思議と幸せな気持ちになれるのです。

甘いものを食べればセロトニンが補える!と、身体が学習し、不足したセロトニンを補おうと、甘いものを食べさせようとしているということです。
甘いものが食べたくなる一連の流れをまとめると

「セロトニン不足→身体がセロトニンを補おうとする→甘いものが食べろ!と命令する→甘いものが食べたくなる」

の通りです。

しかし、身体が甘いものを欲しがっているからと、甘いものを食べ続けていては身体に良いとは言えません。セロトニン不足を根本的に解決する方法は、セロトニンの材料になる食品を食べることです。タンパク質には「トリプトファン」という、セロトニンの材料になる成分が含まれています。タンパク質を多く摂取すれば、セロトニンの材料が補えるので、セロトニン不足を解決!甘いものを食べたいと感じにくくなる、という仕組みです。やはり、欠かせないのはプロテイン。タンパク質豊富なプロテインを飲み続ければ、甘いもの食べたいと感じにくくなることに繋がるでしょう。

④キレイに痩せられる

プロテインを使ってタンパク質を補給すれば、キレイに痩せられることもできるでしょう。ダイエットをすると、真っ先に減らすのは食事ですよね。ですが、ただ食べないダイエットをしていては、身体に必要なタンパク質が不足してしまいます。タンパク質は肌、髪の毛筋肉の材料となる栄養素。不足すれば、肌荒れ乾燥肌髪の毛のパサつきの原因に。筋肉が減ってリバウンドしやすい身体になることも考えられます。

タンパク質を摂取する一番の方法としては、高タンパク質な食品を食べることです。具体的には肉類・魚類・卵・大豆製品など。しかし、もともと食が細くて食べられない、あまりお肉が好みではない女性もいるはずです。そんな時はプロテインを活用すると解決できます。プロテインは水や牛乳と割って飲むだで、タンパク質補給ができる。食欲がない時でもOK!「今日はタンパク質が足りないから飲んでおこう」と、補助食品としても役立てます。

(3)プロテインを飲んでダイエットに役立てよう!

プロテインとダイエットについてご紹介してきました。女性の間でマイナスイメージを持たれているプロテインですが、摂取カロリーにさえ気をつけていれば太ることがありません。むしろ、プロテインダイエットに役立ってくれます。

プロテインの具体的なメリットは4つ。

「①タンパク質を簡単に摂取できる、②間食代わりに使える、③甘いものが食べたいと感じにくくなる、④キレイに痩せられる

でした。

ダイエットの味方になってくれるプロテイン。飲まなきゃ損ですね!

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら