最新版プロテインランキング

より効率の良いトレーニングを!
トレーニングしたあとは、プロテインが1番。
徹底比較!2021年度版プロテインランキング!

►運営者情報

プロテインとは、たんぱく質を主成分としたサプリメントのことです。

プロテインの種類

プロテインを買おうと思ったとき、さまざまな種類があってどれがどのようなプロテインなのかわからないと困ってしまった経験はありませんか?
プロテインには大きく分けて次の3つの種類があります。

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

これらの大きな違いは原材料です。
一般的に、1番利用されているホエイプロテインについて、さらに詳しく解説します。

ホエイプロテインとは

ホエイプロテインとは牛乳を原材料として作られたもので、たんぱく質の一種です。
ホエイタンパクには筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、とても体に吸収されやすく1~2時間程度で、トレーニングによってダメージを受けた筋肉の修復を助ける働きが期待されています。

 

更に運動によって失われやすいBCAA(分岐鎖アミノ酸)がとても豊富なので、運動による筋肉の分解を軽減し、疲労を低減する効果も期待できると言われています。
吸収が良いので、胃もたれしにくい、とも言われていますね。

そもそも、筋肉をつけるためにはプロテインを飲まなければいけないのか?

決してそんなことはありません。
食事からしっかりたんぱく質が取れていれば、必ずしも飲む必要はありません。

しかし食事のみで必要なたんぱく質を摂取しようと思えば、かなりの量を食べなければいけないのです。

その不足しがちなたんぱく質を補うために、プロテインを飲めば効率的にたんぱく質を摂取することができるのです。

ホエイプロテインは、3種類のプロテインの中で、もっとも筋肉をつけるため効率の良いプロテインです。

プロテインを飲むタイミング

プロテインは、目的に応じてタイミングや飲み方があります。
それは、どういう結果を求めているかによって、プロテインの飲み方や飲む量が変わります。
ウェイトアップ、体脂肪率をより低く、痩せる…などそれぞれの目的に合わせたプロテインの摂り方をすると、非常に効率が良いでしょう。

トレーニング後、30分以内はゴールデンタイム

トレーニング後にプロテイン

まず、これが1番の効率よくプロテインが仕事をしてくれるタイミングです。
トレーニングを行うことによって、筋肉繊維は傷つきます。傷ついて筋肉繊維に栄養が入らない限り、筋肉量はなかなか増えません。
なぜなら、筋肉を作ってくれるタンパク質が不足していると、筋肉繊維は身体の中で分解していき、エネルギーへの変化を促してしまいます。
せっかく頑張ったトレーニング。もったいないですよね。

トレーニング後30分以内はゴールデンタイムと言われ、傷ついた筋肉繊維への吸収率が高いと言われています。
このゴールデンタイムに、筋肉を作るタンパク質を摂取すれば、効率よく傷ついた筋肉繊維を筋肉に作り変えることができやすいと言われているのです。

以上のことに気をつけていただければ、効率よく効果的にプロテインを摂取することができます。

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら